駅の「貸し傘」の灯を消すな…傘が返ってくる知恵

空のまま寂し気な傘立てが写っている。

駅の貸傘が返却されないと言う。

駅が善意で貸し出した傘が返却されずに有名無実になってしまっている様子が報道された。

もう何十年も昔の記憶だが私の父が地元の駅で傘を借りてきた事がある。

黒い傘に白いペンキで地元の駅名がでかでかと書いてあったのが印象に残っていたからだ。

だが、その貸し傘制度はいつの間にかなくなってしまった。

理由はやはり返却率が低かったからだろう。

実は以前私のブログで正にこのテーマを扱った事があった。



ブログ「駅の貸し傘の復活を…」
http://6984-7001.at.webry.info/201407/article_2.html


その時私はほぼ確実に傘が返ってくる仕組みを提案したのだが、認知されないのは残念。

そのシステムとは傘を貸し出す時に、代わりに相手から500円を『預かる』。

あくまでも『預かる』と言う事。つまりは…。

傘を返しに来てくれたらばその時に500円は返却すればいい。

預かる金額が1000円ならば尚効果的である事は言うまでもない。

この方法ならば貸した傘はかなり高い確率で返ってくる事請け合いなのだが…。




裏切られた「傘」無料貸出の善意 「1100本戻らず」に怒りの声VS「普通戻ってこない」
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwi_ps3GtLzQAhXCzbwKHWMZCk0QFggbMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.j-cast.com%2F2016%2F06%2F07269004.html%3Fp%3Dall&usg=AFQjCNFGQ8uD_C6JrSo3abK-pf0Q6PlKMA&sig2=BOyN1clSB2hn40lahopxbw&bvm=bv.139250283,d.dGc

無料貸し出し12万本 なぜか戻らず
http://mainichi.jp/articles/20161119/k00/00e/040/286000c

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック